通信制高校は就職に不利なのか

就職で不利になると言われやすい理由や正しい対処方法を知っておきましょう

通信制高校 就職 | 通信制高校の卒業と将来の進路-ズバット

就職で不利になると言われやすい理由や正しい対処方法を知っておきましょう自分が通信制を選んだ理由をしっかりと説明してください私立か公立かによってサポートの手厚さは異なってきます

通信制高校を卒業すると高校卒業資格を取得することができますが、全日制の高校を卒業している人よりも就職で不利になりやすいという話を聞いたことがある人も多いでしょう。
たしかに、面接を受けた会社が通信制に対して間違った知識を持っている場合は不利になってしまう可能性があります。
ですが、履歴書には通信課程などと記入する必要がありませんし、通信制であることに触れられたとしても適切な回答を行うことができれば問題がありません。
対処を間違えなければ不利になってしまうことはないので、通信制高校が就職で不利になると言われやすい理由や正しい対処方法を知っておきましょう。
就活の際には履歴書を提出したり面接を受けたりすることになりますが、履歴書を見られたり面接を行ったりしているときに通信制であることに触れられる可能性があります。
悲しいことではありますが、今でも通信制高校は問題のある人だけが通っている場所だと認識している人も少なくないです。
本当は自分で学費を稼ぐため、高校ではできない活動や勉強と両立させるためなどの理由があったとしても勘違いされてしまう可能性があります。
更に、全日制高校よりも簡単に卒業できると思い込んでいる人も多いです。
実際は自分で計画的に勉強を進めたり、他の活動と並行して勉強を行っていたりすることが多いのですが、簡単に高校を卒業していると思われる可能性が高いと言えます。
面接のときなどに通信制であることに触れられた場合、上手く返すことができなければ不利になってしまうでしょう。
通信制高校に対して面接官が間違った考えを持っているにもかかわらず、それを訂正しなければ不利になってしまう可能性が高いです。

通信制高校の生徒なんですが
この期に及んでサボってたせいで調査書出してくれる(学校を通じて就職できる)基準ギリまできてしまって震えて眠ります←
運送業志望です

— かぜ (@kaze_125) July 3, 2020