通信制高校は就職に不利なのか

自分が通信制を選んだ理由をしっかりと説明してください

ですが、しっかりと訂正して自分の頑張りを伝えることができれば決して不利になることはないでしょう。
通信制は問題がある人が通う場所だと言われた場合は、自分が通信制を選んだ理由をしっかりと説明してください。
学費を稼ぐためのアルバイトや課外活動など、何か打ち込んだことを伝えることができれば問題ないです。
もしも、中学校時代の不登校の影響や集団生活に馴染めないことが理由であったとしても、通信制に通いながらそれらを克服しようとしてきたことをアピールすれば問題ありません。
通信制の学校では部活動やボランティア活動などが盛んな場合も多いので、こういった活動に参加していればそれを説明することができます。
単位にボランティア活動などの課外活動が含まれている場合もあるので、そういった活動を経験しながら周囲の人と馴染む努力をしてきたことを伝えることができるでしょう。
簡単に卒業している、全日制よりもレベルが低いと思われている場合は、通信制の仕組みを説明すると良いです。
通信制の高校にこのようなイメージを抱いている面接官には、具体的な1日のスケジュールなどを伝えることをおすすめします。
とりあえず何かしら勉強しておけば卒業できるというようなイメージを持っている人もいるので、実際には定期的に通学を行ったり、日々自分で学習を進めたり課題をこなしていたりすることが分かれば簡単に卒業できるわけではないと理解してもらうことができるでしょう。
簡単に卒業することができるなどと言われたときに、何も言い返すことができなければ、やはりその通りなのだろうと思われてしまうので、しっかりと説明することができるようにしておくべきです。

就職で不利になると言われやすい理由や正しい対処方法を知っておきましょう自分が通信制を選んだ理由をしっかりと説明してください私立か公立かによってサポートの手厚さは異なってきます